ホーム 新潟アレルギー研究会 会長挨拶 メンバー紹介 電子研究会誌 お知らせ
書籍紹介 アレルギーについてのQ&A
 
 

スギ花粉情報

2017年スギ花粉飛散情報

観測地点:新潟県立吉田病院本館屋上

2月のスギ花粉飛散状況

(数字は飛散数 個/cm2/日)

種類/日
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
スギ 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.3 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 2.2 0.3 0.3 0.9
21
22
23
24
25
26
27
28
 
0.0 0.0 6.8 0.9 0.3 2.8 1.2 3.1
コメント ・今年も、スギ花粉飛散量の測定を開始しました。
・今年のスギ花粉飛散数は平年並みで、昨年よりは少ないと予測されていすが、油断は禁物です。
・毎年スギ花粉症でお悩みの方は、2月中旬から予防投薬を開始された方がよいと思います。 
・今年は2月26日に飛散開始となりました。

ページ先頭

3月のスギ花粉飛散状況

(数字は飛散数 個/cm2/日)

種類/日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
スギ 4.0 58.3 135.8 20.1 110.2 250.3 25.6 4.3 0.0 27.2 33.3 47.5 383.0 72.8 9.3 60.2 83.3 134.6 50.3 212.7
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
                
27.2 74.1 11.1 33.0 20.4 42.6 4.6 6.5 225.6 10.5 4.6
コメント ・今後、気温の上昇とともにスギ花粉が多量に飛ぶことが予想されます。鼻や眼の症状が気になる方はマスクや眼鏡の着用等を行い、症状が増悪する場合には医療機関を受診することをお勧めします。
3月2日からスギ花粉が大量に飛散しています。外出の際にはご留意ください。

ページ先頭

4月のスギ花粉飛散状況

(数字は飛散数 個/cm2/日)

種類/日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
スギ 1.5 23.1 7.1 95.4 189.5 375.9 27.5 8.6 8.3 212.7 5.9 4.6 10.8 73.8 11.7 4.9 13.3 0.9 2.5 0.6
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
                    
0.3 0.0
コメント ・4月18日以降スギ・ヒノキ科花粉は減少していますが、それに代わってイネ科の花粉が少しずつ増加しています。
今後も鼻や眼の症状が続くようなら、イネ科花粉症の合併についても留意する必要があります。
心配があれば医療機関にてご相談下さい。

ページ先頭

 
   
 
新潟アレルギー研究会